台湾女性のひげ

台湾女性のひげ

台湾に行ったことがあれば、女性のひげや他のムダ毛(日本で言われるムダ毛です。)に気付いていることでしょう。
台湾の女性のひげは剃ることはおろか、美女の象徴、女性の魅力の1つと考えられているそうなのです。
だから台湾女性はひげをそりません。

 

そんなことをしたら、台湾で女性の魅力と言われているものを自分で手放すことになるからだそうです。
ご存知の通り、暑い国の女性は意外に解放的で、日本でムダ毛と呼ばれるひげなどをそのままにしている女性が多いのです。

 

台湾も同じ。日本では当然の脇、腕、脚、ひげ、女性は何もしないで自然においているそうです。
なんてったって、魅力の象徴ですから、処理なんてするわけがないですよね。

 

しかも、南国は紫外線が多いために、ひげや産毛、腕、脇、脚などの毛が濃い場合が多いです。
だから、日本人男性が旅行先でかわいいなと思う現地女性と話をしていくうちに、ひげが見えてきたりして引いていく場合が多いそうです。

 

もちろんちゃんと処理をしている女性もいるそうなのですが、本当に少数派なのです。
お国が違えば事情が違うといいますが、ムダ毛を本当に神経質に処理するのはアジアでは日本女性ぐらいと言われています。
それは肌が白いからということもあると思います。

 

なぜなら、日本の中でも南国の沖縄では、ひげが生えている小学生がたくさんいるそうなのです。
これも紫外線が多いのと、日焼けにより目立ちにくいからというのもあるのかもしれません。

 

こういう風習が日本でもあれば、バリバリ働く女性がさらに、大変な思いをしてひげ処理をしなくてもよくて楽なのですが時間がかかりそうです。
そこで、生活習慣を見直して顔のひげを薄くする方法をご紹介します。

 

日本人女性のひげや産毛が濃くなってきたのは、南国女性とは理由が違いますから、生活習慣をちょっと変えるだけでも薄くなります。
まずは食生活です。ちゃんと栄養バランスを考えて三食食べていますか?

 

コンビニフードやジャンクフードばかり食べていると、栄養が偏りますから、ホルモンバランスには良くありません。
それから、女性ホルモンと同等作用のあるイソフラボン含有食品を摂取することです。

 

豆乳なら1日200ccで十分が量のイソフラボンが摂取できるそうですので、過剰摂取しないように心がけましょう。
イソフラボンの過剰摂取は癌のリスクが高まるそうなので、上限の70〜75mgを超えないように気をつけてくださいね。

 

あとは、質の高い睡眠を十分にとることで、お肌の修復力が高まり、女性ホルモン分泌もしてくれるそうですよ。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?